恋愛マニュアルを読む前に大切なこと

恋愛,相談,ニュース,片思い,遠距離恋愛,マニュアル,

私の掲示板に相談に来られる方で、よく本屋さんで販売されている『恋愛マニュアル本』についての意見を求められます。
今回、たまたまそのマニュアル本についての意見を書かれている恋愛ニュースを発見しましたので、ご紹介します。

 

個人的には、恋愛マニュアル本っていうのはあまり参考にならないかな?という考えです。
なぜならば、自分という人間と全く同じ人は周りにはいません。

 

恋愛では、様々な考えや性格などが違う人同士がお付き合いするものです。
その様々なことを考えたら、カップルの組み合わせなんて数えきれないですし、それぞれ化学反応のように違った恋愛模様を見せています。

 

それが、一冊や二冊の恋愛マニュアルを読むことで悩みなどが解決するでしょうか?
私は、そう思いません。
他のページでも書いていることですが、人が十人十色というように恋愛も十人十色

 

中には、応用することで利用できるようなものも掲載されているかもしれませんが、恋愛初心者さん向けでもありません。
恋愛マニュアルに書かれている内容は、数えきれないほどあるカップルの組み合わせで成功したものや失敗したものの極極一部なんですよね。

 

それを鵜呑みにしすぎて・・・恋愛に失敗することもあります。
皆さんは鵜呑みにせずに、あくまでも、限られた範囲内での出来事であり・・・
皆さんが恋愛マニュアルに書かれているような恋愛を辿ることは、ほぼあり得ない確率であることを忘れないようにしてください。

 

今回の文章は長いです。
ですので、お時間のある際にまとめて読まれることをオススメします。

 

それでは、皆さんの恋愛の参考にされてください。

 

▼ココから引用▼
巷には恋愛マニュアル本がたくさんあるものです。このAll Aboutの恋愛記事だって、マニュアルと言えるでしょう。こういったマニュアルは、色々なテクニックや知識を学べるものではありますが、それを読む前に大切なことがあります。今回はそのことについて紹介します。

 

そもそも、恋愛に正解はありません!恋愛テクニックにしても人によって当てはまる事もあれば、当てはまらない事もあります。相手の恋愛経験やトラウマによっても左右されますし、そのテクニックを使う女性にもよるでしょう。
試しに女性は、男性向けの恋愛マニュアル本を読んでみるといいでしょう。「これは当てはまるけど、これは違うな〜」ということも結構あると思います。

 

つまり、「誰にでも効果のある恋愛テクニック」というものは、存在しません!

 

このタイトルを期待して、見に来てくださった方はゴメンナサイ!でもだからこそ、伝えたいことがあるんです。

 

恋愛マニュアル本は参考程度に!

 

恋愛マニュアル本は教科書ではなく、“参考書”という扱いで留めることが大切です。そして、意中のカレにとって、そのテクニックが当てはまるのかどうかは、しっかり相手を観察して判断することが重要です。それこそ相手の気分、環境、そしてもしかしたら天気によってだって、結果が違ってくる可能性もあるでしょう。

 

また、そこまで相手をよーく観察して恋愛テクニックを駆使しても、もちろんうまくいくときといかないことはあります。ただ、そのときに大切なことがあります。


脈なし男性をアプローチするときに大切なこと

以前、私は、30〜40代の男性3人に、「女性が脈のない男性を落とすためにはどうしたらいいのか?」と質問したことがあります。

 

そのとき、「タイプじゃなければ、無理なものは無理!」「相手のことをよーくマーケティグして、それに応えるようにしたら、可能性がないわけでもない」「胃袋は正直だから、うまいものを食わされると揺れる」など、三者三様の答えが返ってきました。この答えだけでも、誰にでも当てはまるアプローチというのは、難しいものだと実感したのですが、注目すべきところは、そうは言っても、“3人に共通すること”もあるということです。

 

それは、「興味のない女性に対しては、恋の相手になるかどうかは分からないけど、相手の行動次第では、“大切な存在”にはなり得る」ということ。

 

つまり、「この人、僕のことを分かっているなぁ!」と思う言動だったり、喜ぶようなことをしてくれたら、恋愛に発展するかどうかは分からないけど、少なくともその人は“大切な存在”にはなり得るとのことでした。
脈なしの相手を喜ばせる方法については、以前ご紹介した「追いかける恋は成就しない?」も参考にしていただきたいのですが、この“大切な存在になる”というのは、実は恋をしている本人にとっては、とても大切なことなんだと思うんです。

 

確かに恋の相手になれないのは、残念なことかもしれませんが、それでも、好きな人にとって大切な存在になることは、自分の“自己肯定力”を高めることにも役立つからです。

 

自己肯定力を高める(=自分を受け止める、愛する)ようになるのは、相手を受け止める(愛する)ことが出来るようになるためには必要なことです。つまり、人は自分を受け止められる(愛する)ことができることになって、ようやく相手のことも受け止められる(愛せる)とも言えるでしょう。

恋愛をすることで大切なこと

ここで質問です。人は恋愛をしているとき、何を見ていると思いますか?

 

私は、「自分」を見ているのではないか?と思うんです。

 

相手と一緒にいることで、いつもよりも優しい自分、嫉妬深い自分、頑張っている自分など、普段、“自分が知る事のない自分”を知るのが、恋愛なのかもしれません。つまり、相手が“鏡”となって、実は自分自身を見ているんです。
そして、“魂のレベル”でいうと、「人は恋愛を通して、成長したいのでは?」とすら思うものです。

 

つまり、好きな相手に自分のことを好きになってもらうこと自体も大切だけど、その恋愛を通して、「自分が成長していくこと」は同じように大切なことではないでしょうか?もっと言ってしまうと、学べる相手だからこそ、不思議な力で“出会えている”とも言えるでしょう。

 

例えば、恋人の浮気が不安で、カレの携帯をこっそり見てしまったり、なかなか会う時間を作ってくれないカレに依存するのではなく、相手にきちんと愛情を与えられる人になれるように努めてみる。そうしたとき、2人の関係は変わると思うんです。

 

もしカレとは縁があって、一緒に成長し合えるのであれば、生涯のパートナーになるかもしれないし、反対にカレとはそういった縁はなく、自分だけが成長してしまったら、学べた分、もっと自分に相応しい相手と出会うチャンスが生まれるかもしれません。
そこまで自分が成長できたときは、カレに対して魅力を感じなくなり、スッキリした気持ちで「カレから卒業!」ってことにもなりますし、魅力的になったら、相手の方が追いかけてくるかもしれません。

 

恋愛って、相手の自分への愛情の度合いに左右されがちですが、実は自分次第で、相手も変わるし、環境も変わるものなんです。

 

だから、相手の行動によって自分が嫉妬深くなったりと、残念な姿を見せるのではなく、まずは自分が魅力的になることが、幸せになれる近道!片思いでも、「こうしたら相手が落ちる」といった恋の罠をしかけるのではなく、相手が罠をしかけたくなるくらいに魅力的になった方が、恋愛成就の近道ですし、自分の成長にもつながるものなんです。

自分を愛せる恋愛を目指してみましょう!

「恋愛は“相手”を見ているようで、実は、“自分”を見ている」、そして「人は恋愛を通して成長したがっている」という真意を知ることで、多くの人がもっと“自分を愛せる恋愛”ができるようになるのかもしれません。もちろんこのときの“自分を愛する”というのは、甘やかせるという意味ではなく、本当の意味での愛情を持つ(=成長を促す)といったものです。

 

恋愛マニュアルを参考にすることも大切だけど、表面的なものばかりにとらわれないで、相手をきちんと愛せるような自分になって、どんどん魅力的になった方が、長い目で見て、幸せになれるもの。

 

自分が変われば、相手も変わるし、環境も変わる!

 

小手先のテクニックで相手の心を変えようとする前に、まずは自分が魅力的になることを目指しましょうね。そうしたら、自然と幸せな恋が付いてくるから!
▲ココまで引用▲

 

引用元
恋愛マニュアルを読む前に考えておきたいこと [女の恋愛] All About

恋愛マニュアルを読む前に関連ページ

女性のひと目惚れ率
恋愛における第一印象について、興味深い実験結果などを踏まえ大学の教授が書かれていますので、ご紹介します。
携帯メールの注意点
好きな人に送る携帯電話でのメールの内容についての注意点の恋愛ニュースをご紹介。
異性を口説くには 共通項
初めて異性と話をする場合にスムーズに話を進めるための会話術についての記事をご紹介します。
想い、想われ…ニキビ
恋愛や片思いするとニキビができやすくなったりすると言われます、今回は、その真相について紹介されていた記事をご紹介します。
趣味や自分磨きすると、恋人ができちゃう不思議
恋愛したいけど、趣味や自分磨きしていると自然と恋愛ができるという不思議についての記事を見つけましたのでご紹介します。
男の子の4つのNG行為
恋愛で男性がしてはいけない行動と思われるNG行為について。
キスのテクニック
大好きな人とするキスをさらに良くするためのテクニックについての恋愛参考記事のご紹介です。
恋愛中に読むと感情移入できる「少女マンガ」
いつの時代も、恋愛を題材にしたマンガは恋する女子のバイブルです。共感したり驚かされたり、ストーリーがリアルな恋愛の糧になることもあるのではないでしょうか。